訪問介護とは

訪問介護員(ホームヘルパー)などがご自宅に訪問し、介護や日常生活上のお世話を行うサービスです。ホームヘルパーなどのスタッフが、ご自宅を訪問して必要なサービスを行います。 食事や排せつなどの介助を行う「身体介護」、調理や掃除などを行う「生活援助」をはじめ、ご自宅での生活に関するサービスや日常生活でのアドバイスをいたします。介護保険における、居宅サービスの中心で、ご利用者様の身の回りの世話を行うサービスです。介護福祉士および訪問介護員(ヘルパー)が居宅を訪問して、ご利用者様の食事、入浴、排泄のお手伝い、居室の掃除・整理、洗濯などの家事、買物の付き添い、代行まで幅広く行います。家政婦派遣や家事代行サービスと類似する部分もありますが、具体的には介護保険法、障害者総合支援法(旧障害者自立支援法、支援費制度)の指定を取得した事業所が行う法律に従った行為のことをさします。介護の指定を取得した事業者は認定を受けた利用者に対し、サービスの提供を行うことが出来ますが、その範囲は限られていて、主に、自立に向けたプランの作成が求められているのも大きな特徴です。何でも屋さんではなく、その人らしい自立を目指す、そのお手伝いをするものが、訪問介護ともいえます。


訪問介護フランチャイズで独立をするには

訪問介護で独立をするためには、まず介護保険の事業所として指定を取らなくてはなりません。訪問介護の開業は、県もしくは、市が管轄となっており、毎月月末までに受理されたものが審査にかけられ、審査完了した後に指定となります。フランチャイズの本部はこれらの基準をクリアするために必要な準備のサポートをしておりますし、ノウハウが蓄積されておりますので、フランチャイズのオーナーの立ち上げはスムーズに進めることができます。

役所の求める指定の基準は大きく分けて3つあります。

1.設備基準

2.人員基準

3.書類基準

介護のフランチャイズを始めるためにはこれら3つの基準を満たす必要があるのです。

ソフトケア(訪問介護)のフランチャイズに加盟をすることで、これらの基準すべてのサポートをさせていただきます。


訪問介護のフランチャイズが良い点

介護でフランチャイズを始めたいと思った皆さんに訪問介護でフランチャイズ加盟すると良い点は何か。そのヒントは・・・

訪問介護とは、訪問介護員を雇用して、利用者様のお宅に派遣をする人材派遣のようなものです。訪問介護員(ヘルパー)は、管理者やサービス提供責任者は事業所に常駐していますが、登録のヘルパーさんは、基本的に自宅から、利用者様宅への直行直帰の働き方が中心となっています。ゆえに、訪問介護事業所から、遠いヘルパーさんがわざわざ遠い事務所に出勤する必要がなく、自宅付近の利用者様のサービスに入ることも可能なのです。言い方を帰ると、訪問介護はエリアを広く取ることができ、規模を拡大しやすい介護とも言えます。※デイサービスやグループホームは上限定員が決まっていますので、エリアを広げにくい。 

ゆえに、訪問介護事業所で独立する良い店は、低資金で開業できる上にエリアを広げながら、複数店舗経営をしていくことができ、いつの間にか大きくなっていた・・・。(ちゃんとやらなくてはなりませんが・・)といったスピード感が得られるところにあります。そこで必須なのが、フランチャイズ本部の研修や、マネジメント指導、内部監査をする役割がFC本部であり、しっかりとした訪問介護の運営には欠かすことの出来ない存在となります。