介護保険サービス

訪問介護

予防訪問介護

デイサービス

訪問看護

訪問入浴


GH

福祉用具

SS


今、日本は急速な高齢社会に向かっており、2025年には、人口の3人に1人が65歳以上になると言われています。つまり、介護の問題が今差し迫った問題であり、介護の問題を社会全体で支え、維持していくため介護保険が生まれました。そのような背景で、介護保険は要介護や要支援の状態になった時、介護サービスを提供することによって、支援するのです。また、介護予防という観点から、できるだけ介護の状態にならないよう、予防するということも重要な目的となっています。   介護保険の被保険者とは 65歳以上の方を1号被保険者、40歳~64歳の医療保険加入者を2号被保険者 1号被保険者 65歳以上の方で、日本国内に住所を有する方。要介護(要支援)状態になり、入浴、排泄、食事などの日常の生活動作について介護が必要な方がサービスを利用いただけます。